初めての家づくりに役立つ!?知って得する注文住宅の雑学を幅広くご紹介

こちらのサイトは、事前に知識として持っていると必ず役立つ雑学をご紹介しています。
この雑学は、自由設計などが魅力の注文住宅に関することで知っているのと知らないのでは費用にも影響を与えるもの、家づくりは予算ありきの世界などから満足できる家を安く建てられるメリットは大きいといえましょう。
また、家を建てるときには内装だけでなくエクステリアも計画をしっかり立てること、インテリアにこだわるときには電源コンセントの位置や数などもこだわることをおすすめします。

初めての家づくりに役立つ!?知って得する注文住宅の雑学を幅広くご紹介

注文住宅で家を建てるときには、家づくりに必要な情報を集める必要があります。
その情報の多くはネットで集めることになるけれども、他にも住宅展示会場のモデルハウスやショールームなども情報収集に欠かせない場所です。
なお、注文住宅の家づくりではある程度の情報を集めてからモデルハウス見学をすることが推奨されており、いきなり見学に出かけるとどのような部分をチェックすべきか分からないなど順序を考えて行うことも大切です。

注文住宅だから可能な駐車場のメリットとは?

注文住宅は、建物の外観や内装のことばかり考えがちです。
しかし外構のデザインも施主の自由に決めることが可能なので、駐車場についても使いやすいように作れます。
駐車する台数やスタイルを考え、使いやすい駐車場を注文住宅に作りましょう。
スタイルと一口に言ってもさまざまなものがあり、一般的には縦列駐車と並列駐車です。
縦列駐車はスペースを確保できるものの、車を出し入れするときの使い勝手は不便です。
並列駐車なら広いスペースを確保する必要があるものの、自由に出し入れできるので気軽に車を使えます。
地面もコンクリート・砂利・芝生などのいくつかの種類があり、車の汚れやすさなどに違いがあります。
車が汚れにくいのはコンクリートですが、費用が高くなりがちなのはネックです。
他にもガレージにするのかそれともカーポートにするのかなど、さまざまな違いがあるのでそれぞれの特徴を理解しながら、注文住宅の外構デザインを決めるときに選ぶようにしましょう。

注文住宅の駐車場を作るときには車の出し入れも考慮

マイカーは生活に欠かせない存在ですが、賃貸の部屋を借りている人は毎月数万もの駐車場代を支払い愛車の維持をする必要があります。
東京都内などの場合は、土地価格が高いことからも月極などでは5万円から10万円など高額な費用が毎月必要になってきます。
しかし、注文住宅の場合は自分の敷地に駐車スペースを確保できるわけですから今まで10万円の費用を払っていた人はゼロになる、年間では120万円などの大幅な節約効果を期待できる魅力もありますよね。
注文住宅でカーポートを作れば紫外線から愛車を守ることができるし、雨が降っているときなども屋根があるので乗り入れをするときはもちろん、買い物から帰って荷物を出すときなど雨に濡れずに作業ができるメリットもあります。
ただ、駐車場を作るときには車の出し入れについて考慮すること、乗り降りや荷物の出し入れなども考慮した形でスペースの確保を行うことが大切です。
特に、カーポートの場合は柱があるので柱が邪魔にならないような設計をしなければなりません。

2台以上車を所有する家庭も多くなっている!注文住宅でも可能な立体駐車場

その人のライフスタイルとか地域の交通事情などにもよるでしょうが、最近では2台以上車を所有する家庭も多くなっていて、注文住宅ではそのことも考慮して立体駐車場を取り入れる人も増えています。
建売住宅ではあるがままに利用するしかありませんが、注文住宅であれば自分の希望を通すことも可能です。
スペース的には1台分であったとしても、立体式にすれば2台の車を停めることができますので考えてもよいでしょう。
もし付近の月極駐車場を利用することにした場合に要する費用とか、その駐車場までの往復にかかる時間などを考慮することができます。
立体式にした場合、普通は上に載せている車を出すためにはまず下の車を出す必要がありますので、このことはしっかりと考えておく必要があります。
家族によって使う車両が異なるとか、日常用途と旅行などの遠出用で使い分けている場合に、使い勝手が悪いということでは普通の駐車場を借りたほうが良いかもしれません。

注文住宅はインテリアだけでなくエクステリアの計画もしっかり立てることが重要

注文住宅は主に家の設計を重要視される人は多いけれども、家がある場所が人通りが多い道路沿いなどの場合は家の中が見えにならないためにも外構工事は必須といえましょう。
外構工事は、住宅の周囲をフェンスなどで囲ったり外部からの侵入者が入らないようにするための門柱や扉、車を止めるためのカーポートや郵便物を入れてもらうためのポストなど、色々な設備を設置するための重要な工事です。
主にエクステリア工事などのように呼ばれることもありますが、注文住宅の家を建てようとすると家そのものに考えが向いてしまうので、気が付いたときにはフェンスなどがない状態になることも少なくありません。
家にお金をかけすぎてしまうと外構工事に必要な予算を作ることができなくなる、これでは外部から我が家の敷地に自由に出入りしてください、このようにいってるのと同じようなものになりがちです。
注文住宅の家づくりをするときは、エクステリア部分の予算もしっかり決めることをおすすめします。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の役立つ雑学

こちらのサイトは、事前に知識として持っていると必ず役立つ雑学をご紹介しています。この雑学は、自由設計などが魅力の注文住宅に関することで知っているのと知らないのでは費用にも影響を与えるもの、家づくりは予算ありきの世界などから満足できる家を安く建てられるメリットは大きいといえましょう。また、家を建てるときには内装だけでなくエクステリアも計画をしっかり立てること、インテリアにこだわるときには電源コンセントの位置や数などもこだわることをおすすめします。

Search